A:圧倒的な採寸実績

オーダースーツの良さはこの3点で大きく決まると言っても過言では有りません!

採寸者のスキル✖生地の品質✖工場のクオリティ✖=満足度

その採寸者のスキルに関しましては25年以上この紳士服のオーダースーツ業界に携さわってきて、今までに採寸した実績男性20,000人以上女性1,000人の採寸実績を誇ります。
圧倒的な経験値が超やせ型から、ぽっちゃり体型迄あらゆる体型のお客様にも対応出来る採寸スキルを持っています。

B:生地の品揃え

店内の生地の写真
blu.ではお客様に少しでもお安い(お安く)オーダースーツをお買求め頂くために、多数の生地商社さんとお取引して一番安く仕入れれる商社さんから生地を購入しお客様に喜んで頂こうと考えております。
お店には依っては、小さいバンチブックしか置かないお店様も多いですが、当店ではなるべく多く現物生地(お一人様分のお仕立出来る生地分)を置き、色はネイビー、チャコールグレー、茶色、黒色、柄は織柄、ストライプ柄、チェック柄まで、お客様が出来上がりをイメージが出来る様に最善の品揃えしております。 現物生地は通常価格よりもお安く提供しておりますので店内生地を購入した方が断然お買い得です。

C:blu.が縫製する工場の特徴

オーダースーツには縫製する上で重要なポイントが3つ有ります。

①型紙

型紙イメージ写真
最新のデザインを盛り込んだ流行の型紙で、お客様が着やすい型紙で、またモデルの種類が豊富で有る事。
参考(*既製品はハンガーに掛けた状態で美しく見せる為着心地が悪くなる傾向に有ります)
参考(*フルオーダーは店によっては型紙が昔のままで古い感じがする事も有ります)

②クオリティ(品質)

既製品のイメージ写真
30年以上の実績が有る事(1990年には日本の縫製工場は今の10倍有りましたが、厳しいバブルや価格競争にも負けずに、国内工場のみで30年以上乗り越えている事が、最高品質の製品を提供し続けてきた事がハイクオリティの証です)
またオーダースーツの顔ともなるフロント部分には胸のボリュームを出す事が大変重要なので総毛芯に拘ってます。 特にソフト毛芯は、前肩胸部に本バス(馬の毛を入れている)を入れ着心地の良さと胸部形態安定を図っています。
参考(*既製品は接着芯のみで縫製している為長く着用すると着くずれしやすくなります)
参考(*値段の抑えたオーダースーツ店は半毛芯で縫製している事が多いです。)

②バランスの良さ(個性・融通性・価格)

アンティークミシンの写真
オーダースーツの縫製工場には①型紙も②品質も兼ね備えている工場が有ったとしても1着15万円以上するスーツだとしたらどうでしょう? 購入できる人は、ほんのひと握りの方に限定されてしまいます。
またスーツの個性も、フルオーダーだと職人さんの個性が出てきますが値段も高くなり、海外工場や国内大型工場になればなるほど値段も抑えれますがスーツに個性が無くなり、味気無いスーツになっていきます。
またちょっとしたデザインの希望も大型工場では出来ない事が多く融通性に欠けますが、小さい工場はちょっとしたお客様の希望も対応可能なのです。
工場は大きくも無く、小さ過ぎでもなくバランスの取れた工場が重要なのです。

blu.が縫製する工場は
25年のオーダースーツの経験値で培ったきた中で選び抜いた
①型紙②品質③価格
3拍子揃ったクオリティ高い工場で個性ある
趣きが有るスーツ
を提供致出来る。
優秀な縫製工場なのです!

だからTAILOR bluでは国内縫製でお安い(お値打ち)価格で
高品質のオーダースーツをご提供できるのです!

about
blu.が提案する紳士服
オーダーメイドスーツには、正装としてのルールとマナーの上で洗練を集約してゆくロマンがあります。
それは、自分自身との対話を表現。
着る人の個性を引き出し、その人らしい生き様を感じさせる一着を仕立てる。
blu.が提案する紳士服は、あなただけが表現できる紳士のアイコンとしてのスーツです。
紳士のイラスト
木水清誠 25年の実績の中で、2万人以上のオーダーメイドスーツを手掛けてきました。様々な体形のお客様の体形を採寸する中で、その体形だからこそ格好良く、着心地のいいスーツ作りを突き詰めて来ました。 生地問屋さんの特徴を熟知するからことできる提案を交え、熟練のテーラーとして「あなたが未だ知らないあなた自身の魅力」を引き出すオーダーメイドスーツを仕立させて頂きます。
オーナー 木水 清誠